初々しい思い出初めての風俗は個室ビデオ

初々しい思い出初めての風俗は個室ビデオ

投稿日:2015年9月10日 カテゴリ:風俗狂への扉が開く体験談

あれはもう4年も前のことですね。当時僕は高校3年生でした。普段は学校で友達ともエロい系の話なんか全くしないヤツとして通っていましたから、ネットで見た「コソッと行ける風俗特集」を見つけ行ってみようと決心した日は心臓が高鳴りまくってしまい全然寝付けなかったのを覚えています。僕が初めての風俗に選んだのは個室ビデオ店でした。女の子がオナのお手伝いをしてくれるというアレです。値段が30分3000円と安く僕でもなんとか用意できるだけの金額でかつピンサロのようにお酒を飲む必要がないというのが選んだ理由でした。とにかく緊張しまくりで細かいことは覚えてないのですが、とにかく女の子(年上だけどね)が可愛かったのだけは印象的です。AKBにいたら間違いなくセンターを取れるだけの逸材だと思います。その子にはちきれんばかりになった僕のムスコをローションたっぷりでしごいてもらったんです。とんでもない量の精液をぴゅくびゅく発射してしまいティッシュで一生懸命おさえてた女の子の手にもかかってしまったのは記憶にありますね。その後、なかなかお金が用意できずにすぐには二回目の風俗には行けなかったのですが、とりあえず良い思い出として心に残っているんです。